Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ販売代理店で約4万件の顧客情報盗まれる - 車上荒らしで

新潟市内のNTTドコモ販売代理店において約4万件の顧客情報が盗まれたことがわかった。

委託先であるテレコム三洋新潟支店の社員が、9月25日に新潟市内のショッピングセンターの駐車場で車上荒らしの被害にあったもの。備品購入のため30分間ほど駐車していた間に窓ガラスが壊され、経理処理用のデータが保存されたUSBメモリを鞄ごと持ち去られたという。

USBメモリに保存されていたデータは、2000年2月29日から2006年9月23日までに新規契約や機種変更、解約などを行った顧客情報で、氏名や携帯電話番号のほか、契約内容などを含まれる。NTTドコモによれば、氏名と携帯電話番号が含まれる顧客情報は1万9569件で、氏名が含まれる情報が1万1800件、携帯電話番号が含まるものが8034件に上るという。

同社では、専用の問い合わせセンターを設置し、対応を行う。また顧客を特定できる場合は、個別に謝罪状を送付したいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市