Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉りそな銀でパスワード詐取による不正取引が発生

埼玉りそな銀行は、同社インターネットバンキングにおいて不正取引の被害が発生したことを受け、注意するようアナウンスしている。

同行によれば、インターネットバンキングで利用するパスワードが盗まれたことにより、身に覚えのない振り込み行われた事件が1件発生したという。同行では、同行システムにおいて情報流出は発生していないとしている。

同行は、不特定多数が利用する環境におけるインターネットバンキングの利用や、心当たりのない添付ファイルを開いたり、怪しいウェブサイトなどへアクセスした場合、情報が詐取される可能性があるとして、行わないよう注意を発している。

また、同行が導入しているスパイウェアなどによる被害を防止するセキュリティサービス「nProtect:Netizen」を活用してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院