Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシスト、Oracle DBの稼働状況を診断するASPサービス

アシストは、「Oracle Database」の稼働状況を自動診断してレポートを作成するASPサービス「パフォーマンス・セラピー」を開設した。

同サイトに会員登録し、Oracleデータベースに標準搭載されているパフォーマンス分析ツール「Statspackレポート」をアップロードするだけで、稼働状況の推移がグラフ化された診断レポートが提供される。

また、同じような業務で使用しているほかのデータベースシステムと比較することで、自システムの負荷状況が妥当なものであるかの判断や、チューニングヒントの取得が可能。さらにハードウェア選定を行う際の判断基準としても利用できる。

1年契約の有償サービスで、年額利用料は1インスタンスあたり9万円。会員登録後30日間は試用期間ととして無償で利用できる。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ