Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシスト、Oracle DBの稼働状況を診断するASPサービス

アシストは、「Oracle Database」の稼働状況を自動診断してレポートを作成するASPサービス「パフォーマンス・セラピー」を開設した。

同サイトに会員登録し、Oracleデータベースに標準搭載されているパフォーマンス分析ツール「Statspackレポート」をアップロードするだけで、稼働状況の推移がグラフ化された診断レポートが提供される。

また、同じような業務で使用しているほかのデータベースシステムと比較することで、自システムの負荷状況が妥当なものであるかの判断や、チューニングヒントの取得が可能。さらにハードウェア選定を行う際の判断基準としても利用できる。

1年契約の有償サービスで、年額利用料は1インスタンスあたり9万円。会員登録後30日間は試用期間ととして無償で利用できる。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社