Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPアドレスで迷惑メールを判別するフィルタリングサービス - ユニアデックス

ユニアデックスは、ASP型の「迷惑メールフィルタリングサービス」と、その他のメールセキュリティ機能を加えてパッケージ化した「メールセキュリティーパック」の提供を開始した。

同サービスは、米IronPort Systemの技術を採用し、2000万以上のIPアドレスをモニタリングして収集したデータベースをもとに、メール発信元のIPアドレスにより迷惑メールを判別。ブラックリストやホワイトリストの作成、コンテンツフィルタリングなどにも対応している。

ASPサービスとして提供されるため、導入や運用の負担が軽減できる。同社では、学習型のスパムフィルタと比較し、メールを受信して学習する必要がないため、導入当初から実践的に利用できるとしている。

同サービスに、「メール監査/保存サービス」や「ウイルスフィルタリングサービス」を付加したパッケージも用意した。

(Security NEXT - 2006/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ