Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン詐欺被害額1304億円 - 20人に1人が被害

インターネット利用者の約20人に1人がオンライン詐欺に引っかかっていることがわかった。ブロードバンド推進協議会が実施した「オンライン詐欺に関する調査」により明らかになったもの。

同調査は、千葉大学の阪田史郎教授監修のもと、ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺、オークション詐欺ののほか、不正請求メールやスパイウェアなどのパスワード詐取などによる被害の状況を調べたもの。一次調査としてインターネットのモニターを対象に全国規模で実施、さらに被害者に対する二次調査を行った。

調査によれば、4.7%が何らかのオンライン詐欺被害に遭っていると回答。推定被害総額は1304億円だという。オークション詐欺が最も多く、46.7%。ワンクリック詐欺が28.9%、不正請求が17.5%と続いた。

詐欺の被害額平均がもっとも高いのはカード番号盗難で9万3756円、次がオークションの5万124円だった。オンライン詐欺などに対する知識が乏しい若年層の被害が約6割を占め、さらに10代後半の被害者は、約半数が複数回の被害に遭っている。また、被害を相談できないケースも多いという。

被害の背景には、国内一般ユーザーにけるセキュリティ対策の遅れもあり、セキュリティ状況としてもアンチウイルスソフトを利用しているユーザーは65.3%。OSのパッチを定期的に実施しているユーザーは37.1%と低い数字だった。

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず