Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsのVMLに脆弱性、MSがアドバイザリを公開 - ゼロデイ攻撃も確認

マイクロソフトは、Windowsにパッチ未対応のあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。

今回発見された脆弱性はVector Markup Languageに関するもので、同脆弱性を悪用したサイトを訪問しただけで、任意のコードが実行されるおそれがあるという。同社では、不審なメールに記載されたリンクや、添付されたファイルを開かないように注意を促している。

また当面の回避策として、「Vgx.dll」の登録を解除する、「バイナリとスクリプトのビヘイビア」をインターネットのセキュリティゾーンで無効にするよう設定する、HTMLメールをテキスト形式で表示するよう設定する、などを挙げている。

同社では、同脆弱性に対応した更新プログラムを10月の月例パッチ公開までにはリリースするとして、すでに準備を進めており、現在、最終段階のテストを行っている。

(Security NEXT - 2006/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース