Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsのVMLに脆弱性、MSがアドバイザリを公開 - ゼロデイ攻撃も確認

マイクロソフトは、Windowsにパッチ未対応のあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。

今回発見された脆弱性はVector Markup Languageに関するもので、同脆弱性を悪用したサイトを訪問しただけで、任意のコードが実行されるおそれがあるという。同社では、不審なメールに記載されたリンクや、添付されたファイルを開かないように注意を促している。

また当面の回避策として、「Vgx.dll」の登録を解除する、「バイナリとスクリプトのビヘイビア」をインターネットのセキュリティゾーンで無効にするよう設定する、HTMLメールをテキスト形式で表示するよう設定する、などを挙げている。

同社では、同脆弱性に対応した更新プログラムを10月の月例パッチ公開までにはリリースするとして、すでに準備を進めており、現在、最終段階のテストを行っている。

(Security NEXT - 2006/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト