Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスで登録会員のアドレス258件を流出 - 東京都現代美術館

東京都は、8月30日に東京都歴史文化財団が運営する東京都現代美術館において案内メールを送信する際、誤って配信先258名のメールアドレスを流出させたことを発表した。

東京都生活文化局によれば、誤送信が発生したのは、同美術館が開催する美術館教育プログラムの案内を配信する「教育普及メールニュース」第3号。同財団職員のミスにより配信先の複数メールアドレスを宛先に設定して送信。配信登録者258名分のアドレスが流出した。

送信後にミスに気付き、送信者全員に対し謝罪のメールを送った。メール送信システムの見直しや職員の研修など再発防止を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県