Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の治療情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪医科大学附属病院

大阪医科大学附属病院は、8月16日に患者34名分の治療内容や検査結果を記録したUSBメモリを担当医が紛失したと発表した。

紛失したメモリには、患者34名分の「退院時要約」の下書きが保存されていた。患者の入院中の経過、治療内容、検査結果などが含まれている。同院では周辺の捜索などを行っている。

(Security NEXT - 2006/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」