Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先58社が顧客情報記載の書類2944枚を紛失 - 東京ガス

東京ガスは、同社の温水システム利用者の顧客情報が記載された「お客さまカード」2944枚を、委託先58社が紛失していたことを明らかにした。

所在が不明となっているのは、氏名、住所、電話番号、設置機器に関する情報などが記載された「お客さまカード」2944名分。

同社では2005年5月から2006年5月まで、温水システムの利用者を対象に顧客訪問キャンペーンを実施したが、その際一部を「エネスタ」96社に委託。それに伴い委託先に配布した同書類を6月9日より回収していたが、7月26日に58社が担当した計2944枚の所在不明がわかったという。

所在不明となった原因は明らかになっていないが、作業中の紛失や盗難被害などは確認していないという。同社では、該当する顧客に対し文書で経緯を説明するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース