Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny上に富山県内の精神疾患患者の情報が流出 - 業務委託先から

富山県高岡市をはじめとする同県4市の精神疾患の患者情報がWinny上へ流出していたことがわかった。

流出した個人情報は約1653人分で、氏名や住所、性別や生年月日のほか、病名や障害の等級なども含まれる。システム開発を受託していたインテックの社員がシステム検証の目的でデータを自宅へ持ち帰ったが、パソコンにウイルスが感染しており、Winny上へ流出した。

高岡市では今回の漏洩を発覚を受け、26日に記者会見を実施し、謝罪。インテックでは、流出ファイルの拡散を防止するため、ファイルの削除を行っているという。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社