Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ナニワ計算センター、自治体向けセキュリティチェックソリューションを発売

ナニワ計算センターは、情報セキュリティの管理状況をチェックできる地方公共団体向けパッケージ「Web Self Check」を8月1日に発売する。

同製品は、地方公共団体の職員がウェブブラウザで経由でチェック項目に回答することで、団体内の情報セキュリティ状況を調査、分析できるセキュリティソリューション。回答の進捗状況の確認やレーダーチャートによる集計結果の表示やExcel形式の書き出しが可能。

2003年に公表された総務省の自治体向けチェックリストをもとに作成しており、設問をわかりやすいよう工夫したという。

(Security NEXT - 2006/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース