Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌信用金庫、顧客情報記載の伝票1万1059件を紛失

札幌信用金庫は、琴似支店において、顧客情報の記載された伝票1万1059件の紛失が明らかになったと発表した。

所在が不明となっているのは、2002年10月の10日分、同年11月の5日分、同年12月の9日分、合わせて24日分の伝票1万1059件。そのうち氏名、住所、勤務先、口座番号、取引金額などの個人情報が記載されていたのは、8184件。

いずれも、一定期間保存されるべき書類だった。同庫では、2005年5月に伝票棚移動の際、不要書類の廃棄を行っており、その際に誤って廃棄した可能性が高いとしている。同金庫では今後、顧客情報の管理を強化して再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2006/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ