Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友電気工業ら、IT資産管理システムに検疫オプションを追加

住友電気工業、住友電工フィールドシステム、ネットマークスの3社は、ネットワーク検疫システム「ManagementCore IT資産管理システム 検疫オプション」を9月より発売する。

クライアントPCやネットワーク機器のの統合管理を行う住友電工とSFSの「ManagementCore IT資産管理システム」とシスコシステムズの「Network Admission Control」の連携させたシステムで、「同検疫オプション」としてネットマークスが中心となり販売する予定。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続する際、OSのセキュリティパッチの適用状況やアンチウイルスソフトの更新状態をチェックする検疫ソリューション。問題がある場合、隔離やウイルスの駆除などを実施。また、修復手順などを誘導するという。また、Winnyの利用やUSBメモリの制限機能などを搭載している。

(Security NEXT - 2006/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開