Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとKNSL、ASPタイプの企業向けウイルス対策サービス

マカフィーとKDDIネットワーク&ソリューションズは、ユーザー企業を対象にASP型の全自動ウイルス、スパイウェア対策サービス「McAfee Managed VirusScan plus AntiSpyware」を7月1日より開始する。月額利用料は、パソコン1台当たり787円。

同サービスは、ウイルスだけではなくスパイウェアやバッファオーバフローへの対策などを統合したASP型の全自動ウイルス、スパイウェア対策サービス。ソフトウェアの更新なども自動で行うため、管理用サーバや管理者が不要。

KNSLのパートナー事業者であるISPやCATV事業者を通じて提供される予定で、月々のインターネット接続料金やケーブルテレビ利用料と一括して月額支払いできる手軽さが特徴。

(Security NEXT - 2006/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装