Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トラステッド、秘密分散法によるファイル転送サービスを無償提供

トラステッドソリューションズは、秘密分散法を使用したファイル転送サービス「ぶんさん便」の提供を開始した。非商用利用に限り、無償で利用することができる。

同サービスは、同社サイトにてダウンロードできる「ぶんさん便アプリケーション」を利用し、ファイルを2片に分散した上で暗号化できるサービス。秘密分散法により両方のデータが揃わないと復元できず、一方を同社サーバ上に保存することで安全にデータの受け渡しを行える。

データ分割は、比率を設定することも可能。さらに「ぶんさん便アプリケーション」では、サーバを使用せずに双方の分散片ともローカルのPC環境に格納することもできる。

同社では今回の無償提供により、秘密分散法の適用事例を実際に体験してもらうことで特性や優位な点などへの理解を広げたいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院