Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トラステッド、秘密分散法によるファイル転送サービスを無償提供

トラステッドソリューションズは、秘密分散法を使用したファイル転送サービス「ぶんさん便」の提供を開始した。非商用利用に限り、無償で利用することができる。

同サービスは、同社サイトにてダウンロードできる「ぶんさん便アプリケーション」を利用し、ファイルを2片に分散した上で暗号化できるサービス。秘密分散法により両方のデータが揃わないと復元できず、一方を同社サーバ上に保存することで安全にデータの受け渡しを行える。

データ分割は、比率を設定することも可能。さらに「ぶんさん便アプリケーション」では、サーバを使用せずに双方の分散片ともローカルのPC環境に格納することもできる。

同社では今回の無償提供により、秘密分散法の適用事例を実際に体験してもらうことで特性や優位な点などへの理解を広げたいとしている。

(Security NEXT - 2006/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構