Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、5月度のウイルスと不正アクセスの届け出状況を公表

情報処理推進機構は、2006年5月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。

ウイルスの検出数は178万個で4月とほとんど同水準で、届出は3651件と3.2%増だった。検出、届出が行われたウイルスはいずれも依然NetskyがトップでMytobが続いている。

不正アクセスについては届出が13件、相談が23件で、実際に被害が発生した例は17件あった。前月より若干減少傾向にある。

また、ワンクリック詐欺の不正請求に関する相談が210件寄せられているほか、セキュリティソフトの導入を装ったマルウェアについても41件の届出があった。また、Winnyに関する相談も28件あったという。

(Security NEXT - 2006/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開