Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリに暗号化機能などを追加できるソフト - サイバーリンク

サイバーリンク トランスデジタルは、セキュリティ機能のない通常のUSBメモリなどに、暗号化やパスワードなどのデータ保護機能を追加できる「USBメモリデータプロテクト」を6月16日より発売する。価格は、パッケージ版が7140円。ダウンロード版も用意されており5460円。

同製品では、通常のUSBメモリに「ソフトウェア認証」、「暗号化」、「パスワード」の3種のデータ保護機能を追加。これにより、メモリの盗難や紛失によるデータの流出を防ぐことができる。保存されたデータは、同ソフトがインストールされたパソコンでのみ、パスワードの入力後に閲覧できる。暗号化にはASEを採用した。

保護領域は、メモリ内でユーザーが自由に設定することができる。またUSBメモリだけでなく、コンパクトフラッシュやスマートメディア、マイクロドライブ、メモリースティック、SDカードなどの外部メディアでも同様に使用できる。

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起