Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国電力、火力発電所の教育資料などがWinny流出

四国電力社員の私用パソコンにウイルスが感染し、火力発電所の運転操作に関する教育資料や研修に関するデータがWinnyネットワーク上に流出したことがわかった。

同社によれば、同社員が勤務する西条発電所の運転操作に関する新入社員用教育資料や、研修時のレポートなどの流出が確認されたという。発電所の機微情報や個人情報などは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2006/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社