Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、未知のワームを検知する新技術を開発

三菱電機は、ワームの攻撃を検知するセキュリティー攻撃予兆分析技術「DynamicSVD」を開発、4月から三菱電機情報ネットワークと実用化試験を開始した。

今回開発された技術は、攻撃による被害の予兆を検知するアルゴリズム「DynamicSVD」。同社のデータマイニング技術をベースに開発されており、監視するネットワーク上で未知のワームによる攻撃が発生した場合も、通信状況などから被害をリアルタイムに予測できる。

同技術では、複数のパラメータから監視し、特徴から不正なアクセスを判断するため、正常なアクセス数が増加しても影響を及ぼさず、同社の試験によれば、ワームの検知までの時間を従来のシステムと比較し約3分の1程度に短縮することができたとしている。

同社では2007年3月に試験を終了し、翌4月からセキュリティ監視サービスの運用を開始する見込み。また、同技術を応用したIDSやファイアウォールなどの開発を進める。

(Security NEXT - 2006/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応