Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇前にセキュリティ対策の再点検を - IPAやJPCERT

情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターは、ゴールデンウィークを迎えるにあたって、情報セキュリティ対策について再確認を行って万全の体制をとるよう、アナウンスしている。

長期休暇中はシステム管理者が不在となり、対応の遅れなどから被害が拡大する危険もあることから、注意を呼びかけているもの。

OSやアプリケーション、ウイルス定義ファイルを最新の状態にするとともに、使用しないサーバやパソコンの電源を切るなどの措置を勧めている。さらに、万が一の場合に備えてデータのバックアップも必要についても触れている。

またIPAでは、社外へデータ持ち出しについても言及し、データの流出を防止するため、持ち出す際の申請手続きを整備することはもちろん、脆弱性が見つかったWinnyなど危険なソフトについては利用の中止を訴えている。

一方、JPCERTでは、休暇終了後には、利用機器において休暇中にセキュリティの問題が発生していないか確認したり、持ち出していた機器がウイルスに感染していないか確認するよう促している。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定