Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話向けワンタイムパスワード製品がリリース - トークンは携帯アプリで

RSAセキュリティとNTTデータは、携帯向けワンタイムパスワードソリューション「RSA SecurID」の販売を今月25日より開始する。

ワンタイムパスワードは、トークンが毎回異なる発行するパスワードを発行することで、パスワードの漏洩した際も被害を低減させるセキュリティソリューション。携帯電話版では、トークンを携帯電話アプリとして提供。NTTドコモ、au、ボーダフォンの主要3社に対応した。

携帯版では、ユーザーは別途トークンを持ち運ぶ必要がない上、さらにブラウザとの連携を実現するなど利便性を確保。さらにハードウェアやネット経由による提供など、従来トークンよりコストの低減を実現できるという。

両社は、銀行や証券のオンライントレードや保険、クレジットなど金融業界、オークションなどのeコマース分野などをターゲットとしており、NTTデータでは、個別にシステム構築サービスを展開するほか、ASPサービスの開発も進める。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース