Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤送信で約120名のアドレスを流出 - やまぐち県民ネット21

山口県は、やまぐち県民活動支援センターの業務委託先であるやまぐち県民ネット21がメールマガジンを配信した際、誤って読者約120名分のアドレスを流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、県民活動に関する情報を掲載したメールマガジン「さぽーとメール4月号」。4月15日に送信した際、送信先の設定を「BCC」ではなく、誤って「CC」で送ったため、読者約120名分のメールアドレスが表示された状態で送信された。

誤送信が判明したのち、ただちに謝罪メールを送るとともに、同メールの削除を依頼した。同県では、メール送信の際にはチェック表を作成して複数の職員が確認を行うなど、再発防止策を講じるよう指示したとしている。

(Security NEXT - 2006/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀