Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

33支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行は、全支店で顧客情報の保管状況を調査した結果、33支店において計9277件の顧客情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているのは、預金や貸付信託、投資信託などの取引関係書類や、ローンに関する書類など。記載されている個人情報は書類によって多少異なるが、おもに氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれている。

同行では、外部へ持ち出した形跡は認められないことから、行内で誤って破棄した可能性が高いとしている。

今回の調査は、同行では昨年12月に顧客情報を含むマイクロフィルムの紛失が判明したことを受け、実施されたもの。以前紛失したマイクロフィルム8枚のうち、4枚はその後行内で発見されたとしているという。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始