Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VISAカードを装った日本語のフィッシングメールに注意喚起 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、VISAカードを騙ったメールで偽のサイトに誘導し、カード番号などを入力させようとする日本語のフィッシングメールが見つかったとして、注意を促している。

同協議会によれば、メールの題名は「Verified by Visa」、送信者は「enroll@visa-jp.com」となっており、3月28日に送信されたという。日本語の本文では、利用しているクレジットカードがVISA認証サービスプログラムに登録されたとして、それを有効にする手続きをするよう求めている。

しかし本文中のURLをクリックすると偽サイトに誘導され、カード番号の入力を促されるとして、アクセスしないよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市