Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術とアルバ、ワイアレス端末の検疫ソリューションを開発

NTTデータ先端技術と米アルバワイヤレスネットワークスは、両社システムを連携させたワイアレスネットワーク環境向けウイルス検疫ソリューションを提供する。

今回開発されたシステムは、NTTデータ先端技術のセキュリティ管理システム「NOSiDE Inventory Sub System」と、アルバの「ARUBA Mobility Controller」の「Captive Portal認証機能」を連携させた検疫ソリューション。

無線接続を行う端末のパッチ適用状況やアンチウイルスソフト、ファイアウォールソフトの設定状況などチェックなどを実施した上で接続を制限できる。Windows端末については、セキュリティ対策が不十分な端末に対してパッチの適用やウイルス定義ファイルのアップデートなどを強制的に実施することが可能。

認証にはウェブブラウザを利用しており、OSの環境に依存せず、有線、無線の混在した状況で接続を制限できる。

(Security NEXT - 2006/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町