Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査の謝礼金をエサに誘うフィッシングの新手口

ソフォスは、米国で発生している大手銀行の顧客調査を騙ったフィッシング詐欺メールを紹介し、注意を喚起している。

同社によれば、今回見つかったフィッシングメールは、チェース・マンハッタン銀行のオンライン部門を騙り、顧客調査に協力すれば謝礼金として口座に20ドルを振り込むという内容。実際は、同行を装った偽のサイトに誘導し、ユーザー名やパスワードなどを入力させて盗み出すという。

同社では、特にネットバンキングのユーザーはこの種のフィッシングメールに警戒し、個人情報や口座情報を入力させようとするサイトには十分注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集