Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワールド、Oracleに限定したDB監視ソフトを発売

ネットワールドは、Oracle向けアクセス監視ソフトウェア「Chakra Lite for Oracle - Windows版」を、2月中旬より発売する。

同ソフトは、Ware Valleyのマルチデータベース対応監視ソフトウェア「Chakra」を、監視対象をOracleに限定し、低価格に押さえた製品。データベースへの操作をリアルタイムに監視し、不正なアクセスや不審な行動を検知すると接続をブロックし、管理者に通報する。

ネットワーク上のパケット情報を取得して解析するパケットキャプチャ方式を採用しているため、データベース側には専用のソフトなども必要なく、監視対象となるデータベースシステムに影響を与えず運用することができる。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2006/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割