Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県、税務課職員が納税者情報2111件を紛失

長野県は、2005年12月20日に松本地方事務所税務課の職員が、県税に関する納税者情報2111件が記録されたUSBメモリを紛失したと発表した。

紛失したメモリには、法人や個人納税者の名称、住所、税額、車検日、処理経過などが記録されていた。同職員が自宅で事務処理を行うため持ち帰ったところ、帰宅途中に紛失したという。1月4日に第三者から指摘を受け、同県では翌5日に紛失の事実を確認した。

同県では、該当する納税者に対して謝罪の文書を送付した。また、なりすましの可能性もあるとして、同県職員を名乗る問い合わせへ注意するよう呼びかけている。同県では再発防止に向け、緊急の会議を招集して県税データの管理を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
学生向けのメールで誤送信が相次いで発生 - 同志社大
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
IPAと経産省、セキュリティに関する交流イベント
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪