Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県、税務課職員が納税者情報2111件を紛失

長野県は、2005年12月20日に松本地方事務所税務課の職員が、県税に関する納税者情報2111件が記録されたUSBメモリを紛失したと発表した。

紛失したメモリには、法人や個人納税者の名称、住所、税額、車検日、処理経過などが記録されていた。同職員が自宅で事務処理を行うため持ち帰ったところ、帰宅途中に紛失したという。1月4日に第三者から指摘を受け、同県では翌5日に紛失の事実を確認した。

同県では、該当する納税者に対して謝罪の文書を送付した。また、なりすましの可能性もあるとして、同県職員を名乗る問い合わせへ注意するよう呼びかけている。同県では再発防止に向け、緊急の会議を招集して県税データの管理を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Smart TV Box」に脆弱性 - LANポートよりADBにアクセス可能
クレカ明細「Vpassアプリ」にPWリスト攻撃 - 約1.6万件がログイン許す
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS
国内におけるDevOps時のセキュリティ部門連携、海外より弱い傾向
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
へぎそば通販サイトに不正アクセス - 2015年以降のクレカ情報流出か