Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の紛失事故や誤送付を公表 - 東芝ファイナンス

東芝ファイナンスは、顧客情報の紛失や誤送付、業務用パソコンの紛失事故などを公表した。

紛失がわかったのは、契約書など6件の紛失で、12月23日の時点で5件が回収できていないという。また書類の誤送付やファックス誤送信により発生した8件の流出については、すべて回収を行ったという。いずれも書類には氏名や住所、契約金額、銀行口座などが記載されていたという。

同社によれば、紛失したパソコンにはグループ企業の従業員のメールアドレスが約100名分保存されていたもので、パスワードが設定されており、その後発見されているという。

(Security NEXT - 2005/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増