Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法コピー率10%低下で、2兆8800億円の経済効果 - BSA調査

ビジネス ソフトウェア アライアンスは、ソフトウェアの違法コピー率を低下させることで得られる経済効果を調査し、その結果をまとめた「世界経済効果調査」を発表した。

同発表によれば、国内の違法コピー率は現在の28%で、これから10%低減させた場合、2006年から2009年までの間に2兆8800億円の経済効果が見込めるという。同社ではその結果、国内IT市場規模は14兆8800億円に達することが可能だとしている。さらに4800億の税収アップや2万5000人の雇用創出などメリットがあるという。

ワールドワイドでは、ソフトウェア違法コピー率が1%減少するごとに、4000億ドル規模の経済効果が期待されるという。日本の調査結果は、調査対象国中で3番目に高い経済効果だった。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催