Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リトルアンデルセン、オンラインショップのサーバに不正アクセスで顧客情報流出

リトルアンデルセンは、同社ショッピングサイト「キッズオンライン」を運用しているサーバが不正アクセスを受け、顧客情報6725件が流出したと発表した。

サーバの保管運営を委託しているNECネクサソリューションズより、11月29日に不正アクセスの形跡があるとの報告を受け判明したもの。サービスを即時停止し、調査を開始したという。

調査の結果、不正アクセスは11月6日に行われていたことが判明、SQLインジェクションによる攻撃だったという。流出したデータは顧客6725名分のIDまたはメールアドレスとパスワード。住所、氏名、クレジットカード情報などについては、現在のところ流出は確認されていない。

同社では、該当する顧客に対しては事実報告と謝罪のメールを送信。また、専用の窓口を設置した。さらに警察へ被害を相談するとともに、監督官庁である経済産業省へ報告。現時点でカード情報の漏洩は確認されていないが、カード会社に対しても事故を通知した。

同社では現在も原因などの調査を進めている。現在、サービスの再開時期は未定で、原因究明を行い、再発防止策を実施したのち、再開したいとしている。なお、同社の楽天支店については通常通り営業するとしている。

(Security NEXT - 2005/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント