Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リトルアンデルセン、オンラインショップのサーバに不正アクセスで顧客情報流出

リトルアンデルセンは、同社ショッピングサイト「キッズオンライン」を運用しているサーバが不正アクセスを受け、顧客情報6725件が流出したと発表した。

サーバの保管運営を委託しているNECネクサソリューションズより、11月29日に不正アクセスの形跡があるとの報告を受け判明したもの。サービスを即時停止し、調査を開始したという。

調査の結果、不正アクセスは11月6日に行われていたことが判明、SQLインジェクションによる攻撃だったという。流出したデータは顧客6725名分のIDまたはメールアドレスとパスワード。住所、氏名、クレジットカード情報などについては、現在のところ流出は確認されていない。

同社では、該当する顧客に対しては事実報告と謝罪のメールを送信。また、専用の窓口を設置した。さらに警察へ被害を相談するとともに、監督官庁である経済産業省へ報告。現時点でカード情報の漏洩は確認されていないが、カード会社に対しても事故を通知した。

同社では現在も原因などの調査を進めている。現在、サービスの再開時期は未定で、原因究明を行い、再発防止策を実施したのち、再開したいとしている。なお、同社の楽天支店については通常通り営業するとしている。

(Security NEXT - 2005/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトに不正アクセス、会員の個人情報が流出か - 鉄道総研
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力