Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銚子商工信用組合、2支店で顧客情報が記録されたマイクロフィルムを紛失

銚子商工信用組合は、川口支店および飯岡支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム計2枚の紛失が判明したと発表した。紛失した顧客情報は合計2778件だとしている。

同組合によれば、紛失したのは普通預金、カードローン、通知預金元帳などの資料を記録したマイクロフィルム「コムフィッシュ」2枚。同信組顧客2778名分の氏名、口座番号、取引明細、残高などが記録されていた。顧客数の内訳は、川口支店が2537名、飯岡支店が241名となっている。

顧客情報の管理体制の見直しのため調査を実施したところ、所在不明が明らかになったという。同組合の内部調査では、誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。また、顧客情報の管理体制を見直して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
サイトに不正アクセス、会員の個人情報が流出か - 鉄道総研
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に