Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銚子商工信用組合、2支店で顧客情報が記録されたマイクロフィルムを紛失

銚子商工信用組合は、川口支店および飯岡支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム計2枚の紛失が判明したと発表した。紛失した顧客情報は合計2778件だとしている。

同組合によれば、紛失したのは普通預金、カードローン、通知預金元帳などの資料を記録したマイクロフィルム「コムフィッシュ」2枚。同信組顧客2778名分の氏名、口座番号、取引明細、残高などが記録されていた。顧客数の内訳は、川口支店が2537名、飯岡支店が241名となっている。

顧客情報の管理体制の見直しのため調査を実施したところ、所在不明が明らかになったという。同組合の内部調査では、誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。また、顧客情報の管理体制を見直して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など