Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤配信によりアドレスなどを流出 - 大和ハウス

大和ハウスは、営業担当社員が操作ミスにより送信先の氏名やメールアドレスが表示される形で送付したと発表した。

誤送付により漏洩したのは、東北地域の顧客17件で、氏名やメールアドレスなど個人情報が記載されていた。同社では、営業所長と担当者が漏洩事故について事情を説明、謝罪したという。また、監督官庁である国土交通省へ報告したという。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay