Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天店舗の個人情報漏洩事件で元店舗従業員が逮捕

楽天へ出店していたセンターロードの顧客情報が流出した事件で、警視庁は、同店舗の元従業員男性を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕した。

男性は今年5月、従業員だった時に入手したIDおよびパスワードを利用し、楽天へアクセス、同店舗の不正に情報を入手していた。一部報道によれば、男性は借金返済のために個人情報を入手、売却したという。

今年7月に大手メディアへ個人情報が持ち込まれ、楽天が検証したところ、情報を照合したところ3万6239件の漏洩が判明していた。その後、ディー・エヌ・エーは、ショッピングサイト「ビッダーズ」においても、同店舗の顧客情報が流出を発表している。

同店舗では、退社社員、派遣、パート、アルバイトなど、同社の雇用関係にあった人物を調査したが、「人為的要因から漏洩した事とは思えない」とコメントしていた。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も