Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール送信者のブラックリストを携帯事業者が共有

電気通信事業者協会は、NTTドコモやKDDI、ボーダフォンなど、携帯電話およびPHS事業者14社間で、迷惑メール送信者の加入者情報を2006年3月1日より共有すると発表した。

今回の措置は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」が改訂され、迷惑メール送信者の加入者情報が事業者間で交換できるようになったことを受けて決定されたもの。迷惑メール送信行為により利用停止措置を受けた者が、事業者を変更し、同様に迷惑メールの送信を繰り返すことへ対処するのがねらい。

交換の対象となる情報は、迷惑メール送信行為により利用停止措置を受けた加入者の契約者名、住所、連絡先電話番号、利用停止前の携帯電話番号など。交換した情報については、漏洩や紛失を防ぐため十分な安全対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業