Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール送信者のブラックリストを携帯事業者が共有

電気通信事業者協会は、NTTドコモやKDDI、ボーダフォンなど、携帯電話およびPHS事業者14社間で、迷惑メール送信者の加入者情報を2006年3月1日より共有すると発表した。

今回の措置は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」が改訂され、迷惑メール送信者の加入者情報が事業者間で交換できるようになったことを受けて決定されたもの。迷惑メール送信行為により利用停止措置を受けた者が、事業者を変更し、同様に迷惑メールの送信を繰り返すことへ対処するのがねらい。

交換の対象となる情報は、迷惑メール送信行為により利用停止措置を受けた加入者の契約者名、住所、連絡先電話番号、利用停止前の携帯電話番号など。交換した情報については、漏洩や紛失を防ぐため十分な安全対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ