Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銚子信用金庫、顧客3万8685名分の個人情報を紛失

銚子信用金庫は、顧客3万8685名分の個人情報が含まれていた書類の紛失が判明したと発表した。

同信金によれば、紛失が判明したのは取引内容などを記録した伝票類およびコムフィッシュと呼ばれるマイクロフィルムなどで、顧客3万8685名分の氏名、住所、電話番号、口座番号、預金残高などが含まれていた。

内部調査の結果、同書類は誤って破棄した可能性が高いとしている。同信金では、再発防止に向けて個人情報管理体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず