Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

まん延する「Netsky」、検出数の約8割 - IPA

情報処理推進機構は、9月のウイルスや不正アクセスの届け出状況を公表した。

ウイルスは、8月より4.2%ほど減少し、約323万個の検出を記録し、4723件の届け出があった。「Netsky」が総検出数の約8割を占め、「Mytob」があとに続いた。総検出数の減少は、これらウイルスの減少が影響したためだとしている。

同機構では、大量に見つかっている「Netsky」やPCを乗っ取り、スパムの踏み台などに利用されるボットが広がっているとして注意を促している。

一方、不正アクセスの届け出は31件で、約半数にあたる16件で被害が発生した。被害としては、侵入が8件ともっとも多く、ワーム、DoS攻撃、アドレス詐称がそれぞれ2件だった。また、相談件数も30件が寄せられ、16件で被害が発生している。

(Security NEXT - 2005/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も