Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、中小企業向けセキュリティ対策診断ツールを無償提供

マイクロソフトは、従業員が1000人未満の中小企業を対象としたセキュリティ対策診断ツール「マイクロソフト セキュリティ アセスメント ツール 日本語版」の無償ダウンロードを開始した。同社ウェブサイトから無償でダウンロードできる。

同ツールは、組織内の情報セキュリティ環境における課題や弱点を分析し、セキュリティ対策計画の策定を支援するもの。コンピューター単体を自動検査するのではなく、ユーザーが質問に回答して結果を得る、対話的なアセスメントツールとなっている。

診断後、対処すべき課題や推奨される対策などが記載されたレポートが提供される。同レポートでは、同業他社との評価の比較も可能。これに基づき、ユーザーはリスクを緩和するために実施すべき対策の優先順位を決定することができる。

(Security NEXT - 2005/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート