Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフトとKNSL、情報漏洩防止ソリューション「秘文」を海外展開

日立ソフトウェアエンジニアリングとKDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は、日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文」を北米や欧州、アジアなど海外展開のため協業すると発表した。

個人情報保護法施行の影響により、国内拠点だけでなく、海外支店や現地法人などの個人情報保護ソリューションのニーズが高まっていることをうけ、海外での展開を開始する。英語版の製品名は「HIBUN」となり、9月より販売を開始する。KNSLと日立ソフトは、3年間で20万ライセンスの売上げを目指す。

また、日立ソフトは同社の情報漏洩防止製品である「秘文AE Information Cypher」「同Information Fortress」「秘文AE Server」の3製品についても英語対応版を開発し、11月にリリースする予定。

KNSLは一次代理店として、日本語と英語によるサポート窓口を開設。また、KDDIの現地法人や日立ソフトの現地法人である日立ソフトウェアエンジニアリングアメリカが販社となり、顧客への販売、導入構築、SEサポートを行う。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定