Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で152名の個人情報を流出 - リスクコンサルティング会社

東京海上日動リスクコンサルティングは、企業向けのメール情報発信サービスにおいて、顧客企業担当者の個人情報を含むファイルを誤って添付して送信したと発表した。

同社によれば、7月26日に顧客企業へメール配信を行う際、誤って個人情報を含んだファイルを添付し、送付してしまったという。誤って添付したファイルには、顧客である企業や団体43社103名と、同社および同社グループ内企業など49名、計152名の氏名や役職、メールアドレスなどが含まれていた。誤送信先は39社91アドレスだという。

同社では送信直後に、全送信先企業にに対して同メールの削除依頼を行い、事情説明、謝罪した。すでにメールアドレスの削除についても確認を完了したとしている。同社では、同情報サービスの発信手順について見直しを行い、再発防止のための対応をすでに実施済みだという。

(Security NEXT - 2005/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県