Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxサーバはセキュリティ対策不足 - ソフォスが警告

ソフォスは、企業や自治体におけるLinuxサーバの導入状況やウイルス対策ソフトの導入状況について調査結果をまとめ、発表した。

調査は、同社が矢野経済研究所に委託、年商30億円以上の企業や都道府県庁、市区の自治体を対象に調査したもの。

調査によれば、Linuxサーバの導入台数は約4万台で全サーバー数の約5%を占めるという。一方、Linuxサーバーにおけるウイルス対策ソフトの導入台数は、わずか約1万台であり、残り75%は未対策であることがわかった。

また、Linuxサーバは、ウェブサーバやメールサーバといった用途が多く、データベース、ファイルサーバ、プリントサーバなど含めると全Linuxサーバーの約60%を占めていた。同社では、これらサーバがウイルスなどを拡散する原因にもなりかねないとして、セキュリティ対策を施すよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを