Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxサーバはセキュリティ対策不足 - ソフォスが警告

ソフォスは、企業や自治体におけるLinuxサーバの導入状況やウイルス対策ソフトの導入状況について調査結果をまとめ、発表した。

調査は、同社が矢野経済研究所に委託、年商30億円以上の企業や都道府県庁、市区の自治体を対象に調査したもの。

調査によれば、Linuxサーバの導入台数は約4万台で全サーバー数の約5%を占めるという。一方、Linuxサーバーにおけるウイルス対策ソフトの導入台数は、わずか約1万台であり、残り75%は未対策であることがわかった。

また、Linuxサーバは、ウェブサーバやメールサーバといった用途が多く、データベース、ファイルサーバ、プリントサーバなど含めると全Linuxサーバーの約60%を占めていた。同社では、これらサーバがウイルスなどを拡散する原因にもなりかねないとして、セキュリティ対策を施すよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず