Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広告代理店、メールアドレス流出の経緯を説明

東京都港区の広告代理店ピー・アール・オーは、7月2日に発生したメールアドレス流出に関する経緯報告を掲載した。

同社では、トムス・エンタテインメントより「神出鬼没―ルパン三世ネットワークメールマガジン」の配信業務を受託し、サービスを提供しているが、送信する際のミスによりメールアドレスが流出したもの。

流出件数は、8724件だったという。同社では法律専門家に調査を依頼し、個人情報の管理体制について不備があった部分に関して是正していく予定。一方、一部にウイルスメールが届いたとの報告が寄せられているが、送信したメール自体にはウイルス感染がなかったという。また、会員に対するお詫びについては現在検討中としている。

なお、同名企業が他都府県にあり、神奈川県の企業などについては、今回の件とは事件とは無関係である旨をウェブでアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正