Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広告代理店、メールアドレス流出の経緯を説明

東京都港区の広告代理店ピー・アール・オーは、7月2日に発生したメールアドレス流出に関する経緯報告を掲載した。

同社では、トムス・エンタテインメントより「神出鬼没―ルパン三世ネットワークメールマガジン」の配信業務を受託し、サービスを提供しているが、送信する際のミスによりメールアドレスが流出したもの。

流出件数は、8724件だったという。同社では法律専門家に調査を依頼し、個人情報の管理体制について不備があった部分に関して是正していく予定。一方、一部にウイルスメールが届いたとの報告が寄せられているが、送信したメール自体にはウイルス感染がなかったという。また、会員に対するお詫びについては現在検討中としている。

なお、同名企業が他都府県にあり、神奈川県の企業などについては、今回の件とは事件とは無関係である旨をウェブでアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT