Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

So-netの顧客情報流出は内部犯行の可能性

ソニーコミュニケーションネットワークは、ブロードバンドサービス「So-net ADSL」顧客情報364件の外部流出について、調査結果を発表した。

今回、調査結果が公表された流出事故は、同社が6月13日に公表したもので、マスコミへ同社の顧客情報が持ち込まれたもの。流出したのは2003年1月と同年12月に申し込んだ顧客のうち、ADSL回線開通にあたって何らかの不備があり、同社から連絡することになっていた364件分のデータ。

同データは、通常とは異なる業務処理により作成されたものであるため、アクセスログなどの記録が完全ではなく、流出の原因や経路、持ち出し者を特定することはできなかった。しかし調査の結果、ネットワーク経由での外部からの侵入の可能性は極めて低く、内部から持ち出された可能性が高いと判明したという。

同社では、通常の業務処理が実行できない場合の特別対応業務のプロセス管理や、アクセス権限およびアクセスログの管理、事故発生時の追跡方法の見直しなどを強化して、より一層の情報セキュリティ対策に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン