Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

So-netの顧客情報流出は内部犯行の可能性

ソニーコミュニケーションネットワークは、ブロードバンドサービス「So-net ADSL」顧客情報364件の外部流出について、調査結果を発表した。

今回、調査結果が公表された流出事故は、同社が6月13日に公表したもので、マスコミへ同社の顧客情報が持ち込まれたもの。流出したのは2003年1月と同年12月に申し込んだ顧客のうち、ADSL回線開通にあたって何らかの不備があり、同社から連絡することになっていた364件分のデータ。

同データは、通常とは異なる業務処理により作成されたものであるため、アクセスログなどの記録が完全ではなく、流出の原因や経路、持ち出し者を特定することはできなかった。しかし調査の結果、ネットワーク経由での外部からの侵入の可能性は極めて低く、内部から持ち出された可能性が高いと判明したという。

同社では、通常の業務処理が実行できない場合の特別対応業務のプロセス管理や、アクセス権限およびアクセスログの管理、事故発生時の追跡方法の見直しなどを強化して、より一層の情報セキュリティ対策に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ