Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兵庫県立光風病院、職員自宅のPCが盗まれ患者情報を紛失

兵庫県立光風病院は、6月9日に職員の自宅が盗難被害に遭い、患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

同院によれば、盗難に遭ったパソコンには患者の氏名、年齢のほか、肥満度などのデータ、およびアンケート調査の回答を数字コードに置き換えたものが保存されていた。一部報道によれば133名分に上るという。盗難発覚後ただちに被害届を提出するとともに、中古市場などを調査して同パソコンの発見に努めているという。しかし6月26日時点では発見に至っていない。

同院では、窓口を設置して患者からの問い合わせに対応するという。また、現在保有している個人情報の管理状況を総点検するとともに、再度、個人情報の院外持ち出しの禁止などを全職員へ周知徹底させ、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化