Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、IP電話不具合に対し行政指導

総務省は、NTT東日本の「ひかり電話」において、一部地域で緊急通報が利用できない状態でサービス提供を行った事象に関して、再発防止のため行政指導を行った。

今回問題となったのは、光IP電話サービス「ひかり電話」において、一部地域で「110番」や「119番」および「118番」などの緊急機関に接続できない状態でサービスを提供していたというもの。すでに問題は解消されている。

同省では、緊急通報を必要不可欠な機能であるとして、緊急通報が利用できない状態でサービスが提供されることは、電気通信事業法第50条第1項の規定に違反するとした。

同省では、同社に対し総合通信基盤局長名で文書により厳重に注意するとともに、同事象が発生するに至った経緯とその原因に関する調査結果、および具体的な再発防止策とその実施状況について報告するよう求めたとしている。

(Security NEXT - 2005/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ