Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、企業向けスパイウェア専用対策ソフトを発売

コンピュータ・アソシエイツは、企業向けスパイウェア専用対策ソフトウェア「eTrust PestPatrol Anti-Spyware Corporate Edition r5.0.2」を、2005年6月21日より発売する。

同製品は、スパイウェア、アドウェア、キーロガーなどの悪意あるソフトウェアを検出し、完全に隔離、削除するもの。12万種を超えるスパイウェアの検出が可能な専用のスキャンエンジンを搭載しており、同社の「スパイウェア情報センター」から常時最新のスパイウェア情報を取得できるため、多様に拡大するスパイウェアの脅威から企業の情報資産を保護することができる。

導入、設定からスパイウェアの検出、削除、隔離、監視といった機能は一元化された管理コンソールで行うため、クライアント側での操作や設定は必要ない。価格は、100ユーザー以上の場合で1ライセンス当たり3450円から。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず