Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱地所、業務委託会社の誤配信により19名のアドレスを流出

三菱地所は、6月2日にサイト業務運営委託会社であるスコールからニュースを会員へメールを送信した際、誤配信により、19名のメールアドレスを流出したと発表した。

同発表によれば、販売中の分譲マンション「パークハウス覚王山向陽荘」のウェブ会員に対しメールを送信した際、配信設定のミスにより、会員19名のメールアドレスを添付した状態で送信してしまったという。

事実発覚後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送り、該当メールの削除を依頼した。なお、メールアドレス以外の個人情報は記載されていなかった。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を