Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱地所、業務委託会社の誤配信により19名のアドレスを流出

三菱地所は、6月2日にサイト業務運営委託会社であるスコールからニュースを会員へメールを送信した際、誤配信により、19名のメールアドレスを流出したと発表した。

同発表によれば、販売中の分譲マンション「パークハウス覚王山向陽荘」のウェブ会員に対しメールを送信した際、配信設定のミスにより、会員19名のメールアドレスを添付した状態で送信してしまったという。

事実発覚後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送り、該当メールの削除を依頼した。なお、メールアドレス以外の個人情報は記載されていなかった。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市