Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、サーバ上で迷惑メールを選別する会員向けサービスを提供

BIGLOBEは、会員向けに、ダイレクトメールやフィッシングメールなどの迷惑メールをサーバ上で自動的に選別する「迷惑メールブロックサービス」を5月31日より無料で提供する。

同サービスは、米クラウドマークの迷惑メール判定エンジンを採用したもの。同エンジンは、全世界で120万人のユーザーから迷惑メールを収集し、メールヘッダーやメール構造に独自の解析しているという。サーバ上で一括して選別を行うため、ユーザー側での迷惑メールの学習作業などは不要。

迷惑メールと判定されたくないメールに対しては、最大2000件までの必着設定が可能。さらに2000件の受信拒否設定を組み合わせることで、より高精度の迷惑メール判定が実現できる。また有料オプションとして、7月より、ユーザーごとに設置される、メールサーバ上の別フォルダへの自動振り分け機能が提供される予定。

(Security NEXT - 2005/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送