Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相次ぐ不正アクセスによるHP改ざんで、利用者に注意を喚起 - 警察庁

警察庁は、不正アクセスによるホームページの改ざんが相次いで発生しているのを受け、利用者および開設者に十分な対策を実施するよう注意を喚起した。

サーバに不正に侵入してホームページの一部を改ざんし、一般ユーザーが閲覧した際に、不正プログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込むという事件が相次いで起きている中、同庁は利用者および開設者に対し、対応策を挙げて注意を促している。

利用者に対しては、閲覧しただけでは改ざんに気付くのは難しいとして、ホームページ閲覧時にもウイルスを検出できるウイルス対策ソフトを利用するよう求めている。また、ウイルス定義ファイルやOS、ブラウザを最新のものに更新することも必要だとしている。

開設者に対しては、不正アクセスの原因となるセキュリティホールや単純なパスワードに注意するとともに、ディレクトリやデータに不正なプログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込まれていないか、定期的に確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA