Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

相次ぐ不正アクセスによるHP改ざんで、利用者に注意を喚起 - 警察庁

警察庁は、不正アクセスによるホームページの改ざんが相次いで発生しているのを受け、利用者および開設者に十分な対策を実施するよう注意を喚起した。

サーバに不正に侵入してホームページの一部を改ざんし、一般ユーザーが閲覧した際に、不正プログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込むという事件が相次いで起きている中、同庁は利用者および開設者に対し、対応策を挙げて注意を促している。

利用者に対しては、閲覧しただけでは改ざんに気付くのは難しいとして、ホームページ閲覧時にもウイルスを検出できるウイルス対策ソフトを利用するよう求めている。また、ウイルス定義ファイルやOS、ブラウザを最新のものに更新することも必要だとしている。

開設者に対しては、不正アクセスの原因となるセキュリティホールや単純なパスワードに注意するとともに、ディレクトリやデータに不正なプログラムをダウンロードさせるような仕掛けを埋め込まれていないか、定期的に確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差