Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ウイルス対策ソフトの契約期間を無償延長

トレンドマイクロは、ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」における不具合問題に関して、ユーザーへの対応策を発表した。契約期間を、個人法人問わず、無償で1カ月延長するという。

同社では、個人ユーザーへの対応として、ウイルスパターンファイル2.594.00の障害が発生した2005年4月23日時点で、「ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ」および「ウイルスバスター2004 インターネット セキュリティ」の、ウイルスバスタークラブ会員契約が有効であった全てのユーザーを対象に、契約期間を無償で1カ月延長するとしている。

また、復旧費用の実費を、1シリアル当たり8500円を上限として負担する。業者に依頼せず自分で復旧作業を行ったユーザーに対しては、契約期間を無償で3カ月延長する。

法人ユーザーに対しても同様に、障害が発生した時点で「ウイルスバスター コーポレートエディション」「ServerProtect」「Trend Micro Client/Server Security」「ウイルスバスター2005 インターネット セキュリティ」「ウイルスバスター2004 インターネット セキュリティ」のサポートサービス契約が有効だった全てのユーザーに対して、契約期間を1カ月無償で延長するという。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003